まるごと・こまつ・旅ナビ

見る

小松城天守台

小松城天守台
小松城天守台

住所 石川県小松市丸の内町(芦城公園近く、小松高校グランド横)

前田利常の美意識が反映された美しい石垣

 小松城の歴史は、一向一揆勢が築いた城砦に始まる。天正7年(1579)、織田信長の命を受けた柴田勝家により一向一揆は鎮圧された。その後、城主は村上義明、丹羽長重(長秀の嫡子)と交替。関ヶ原合戦で西軍に属した長重は、合戦後、所領没収となり、小松城は前田利長の所領となって城代が置かれた。
 元和元年(1615)の一国一城令で小松城は一旦廃城となる。しかし寛永16年(1639)、加賀藩3代藩主前田利常の隠居城として例外的に幕府から認められ復活したのである。
 利常は大修築を施し、本丸、二の丸を堀で囲み、その周囲に三の丸、枇杷島、中土居、芦島の四郭、さらにその周囲に牧島、愛宕、後三の丸、竹島など六郭を巡らせ、その広さは本城である金沢城の倍近く!巨大な湖沼に浮かぶ12の島を石橋、木橋で連結した全国でも珍しい「浮き城」だった。それぞれの島は独立した曲輪として石垣と土塀で厳重に防備が施されていたが、その内側には利常が趣味とした広大な「お花畑」が広がっていたという。
 寛永17年に小松城に入城した利常は、この湖に浮かぶ花園のような城で余生を風流風雅に過ごし、万治元年(1658年)に亡くなった。その後は小松城代・小松城番が置かれ、明治まで城は存続した。

 小松城本丸中央には、五重天守閣が余裕で建つほどの、ほぼ10間四方という大きな天守台石垣が造営された。しかし実際に天守台上に建てられたのは、小さな二重三階の数奇屋造りの風流な櫓。日本で唯一の寄棟屋根・柿葺き屋根のこの櫓は、内部に座敷が設けられた異色の建物で、風雅を愛した前田利常の美的感覚を象徴するものだった。小松城は桃山文化の伝承に力を尽くした利常が心血を注いだ名城だったのだ。

 小松城の天守台は、築城技術がピークに達した時期に築かれただけに、精巧に積まれた石垣は見事。直線的に加工した石材をブロック状に積み上げる「切込ハギ」と呼ばれる工法は、石を削ってきれいに整形して積む工法で、高くて急角度の石垣を築くことができ、見た目も洗練されて美しい。一方で手間と費用が膨大となるため、徳川将軍家とごく一部の大大名しか採用できなかったものだという。
 小松城の石垣の重要な部分には良質な金沢の戸室石を用い、そのほかの部分には小松産の鵜川石を使っている。赤みがかった石、青みのある石、白っぽい石のコントラストがとても美しいこの石垣にも、利常の美意識が反映されているに違いない。

 小松城の主だった前田利常は、桃山文化の伝承(加賀ルネサンス、百万石文化の開化)にも力を尽くしたことで知られている。利常の夫人は徳川家康の孫。また後水尾天皇の夫人も家康の孫で、天皇と義兄弟の関係にあたる利常の周辺には、京都で活躍していた日本の文化史上でも有数の人物たちが集まった。利常は、当時の一流の芸術家と言える小堀遠州や金森宗和、千宗室らと交流をもち、茶器の収集、茶の湯や庭園の設計などについて教示を仰いでいる。
 実はブルーノ・タウトが「泣きたくなるほど美しい」と絶賛した桂離宮と前田利常は深い関係にある。利常の正室は将軍秀忠の二女珠姫。利常と珠姫との間に生まれた富姫(第四女)は、寛永19年(1642)に後陽成天皇の弟宮・八条宮智仁親王の嗣子・智忠親王に嫁している。智仁・智忠両親王は、父子二代にわたり桂離宮の造営にあたっているが、親王妃富姫の父である利常は、幕藩時代に経済的に困窮していた親王の義父として、かなり高額の出資をしている。桂離宮の造営にあたり利常は、後世まで歴史に残る最高のものを作りたいと考えたようで、優雅な数奇屋造りの建物や回遊式庭園を始め、狩野探幽や俵屋宗達など一流の巨匠に襖絵を描かせたりして、完成までに17年もの年月をかけている。桂離宮は加賀藩前田家、前田利常の存在なくしてはできなかったといえるだろう。
 そんな美の追求者、利常が隠居した小松城なのだから、当時の姿はどれほど見事だったことか…。

 名城とうたわれた小松城だが、廃藩置県後、城内の建造物は入札によって払い下げられ、土地開発の名目で石垣は崩され、堀は埋められ、由緒ある銘木大樹は伐採された。
 城域であった地は現在、小松市役所、芦城公園、石川県立小松高等学校として開発されており、城の面影はほとんどない。小松高校のグランドの隅に天守台が残るのみである。
 建造物としては、「鰻橋御門」が小松市園町の来生寺寺門に移築され現存し、「兎御門扉」及び「葭島御殿兎門扉」が金沢市兼六園内の成巽閣で、「二階御亭入口扉」が小松市立博物館で、それぞれ保管されている。

直線的に削って積み上げる優れた技術
直線的に削って積み上げる優れた技術

天守台への登り口
天守台への登り口

天守台からの眺め
天守台からの眺め

加賀藩3代藩主前田利常像/芦城公園
加賀藩3代藩主前田利常像/芦城公園

芦城公園
芦城公園

芦城公園
芦城公園

来生寺寺門に移築された小松城の鰻橋御門
来生寺寺門に移築された小松城の鰻橋御門

▲ページTOPへ

アクセスマップ

備考
小松市役所駐車場をご利用ください。

▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博