まるごと・こまつ・旅ナビ

見る

小松市立 錦窯展示館

外観
外観

住所 石川県小松市大文字町95-1
電話 0761-23-2668
FAX番号 0761-23-2668
メール
アドレス
info@kcm.gr.jp
営業時間
09時00分~17時00分
入館は16:30まで

休日
月曜日が祝日にあたるときはその翌日
祝日の翌日
年末年始(12月29日~1月3日)
展示替え期間
※展示替え期間は、展覧会案内をご覧ください。
URL http://www.kcm.gr.jp/nishikigama/

現存するのはここだけ!
初代~三代八十吉の名品を生んだ窯

 錦窯とは、器の上絵を焼き付けるときに用いられる窯のこと。作品に直接火が当たらないような二重構造になっており、薪を焚いた熱だけが伝わるようになっている。江戸時代から全国各地で用いられていたが、電気窯やガス窯が普及した現在では、とても珍しく貴重なものとなっている。

 そんな錦窯を保存・展示しているのが、小松の古き町並みの中にたたずんでいる、錦窯展示館だ。建物は一見、昔ながらの民家で、玄関の戸を開けるときに思わず「おじゃまします」と言ってしまいそうになる。

 実はここは、人間国宝・三代徳田八十吉氏の生家であり、初代から三代にわたり、九谷焼の工房、そして生活の場として利用していた場所なのだ。建物は昭和初期の木造家屋を改修したもので、錦窯や九谷焼をより多くの人に知ってもらえるようにと、三代八十吉氏が小松市へ寄贈し、平成11年に開館した。
 建造されたのは昭和8年。当時の蔵も残っており、そこは現在、展示スペースになっている。他にも、畳の部屋をはじめ、館内の至るところに初代の遺品や上絵付の道具、作品、貴重な資料が多数展示されている。奥には縁側もあり、そこから庭を眺めることができる。この庭は、少し手を加えてはあるが、ほぼ当時のままだそうだ。徳田氏もここで作品作りの合間にくつろいでいたのだろうか。

 ふと、部屋にかかっているレトロな時計が目に入った。よく見ると文字盤の数字の内側に、1時の横には13、2時の横には14といった数字のシールが張り付けてある。いつからあるかはわからないが、昔から徳田氏が使っていた時計らしい。「当時は13時、14時といった時計の読み方になじみが薄かったから、わかりやすいようにこうしたのかもしれないね」受付の方がそう話してくれた。

 のんびりとした昭和の空気を感じる錦窯展示館。錦窯や、古九谷をはじめとする歴代九谷の名品と、親子三代の作品をゆっくり楽しむことができる。

入館料

 高校生以下 無料
 一般 300円(250円)
※( )内は20名以上の団体
※特別展・企画展は入館料が特別料金となります。

★ミュージアムパスポート
 1週間券(有効期限:最初に利用した日を含む1週間) 500円
 年間券(有効期限:年度末3月31日まで) 1,500円
※対象10施設の平常展を有効期限内であれば何度でもご覧いただけます。

錦窯
錦窯

内観
内観

縁側
縁側

展示スペース
展示スペース

展示スペース
展示スペース

レトロな時計
レトロな時計

▲ページTOPへ

アクセスマップ

アクセス
・JR小松駅から徒歩で10分
・小松I.C.から車で10分
・小松空港から車で10分
駐車場
3台
多目的トイレ
あり
バリアフリー
対応
備考
駐車場の場所は案内いたします。

▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

石の文化ガイドアプリ「こまつストーンナビ」

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博