まるごと・こまつ・旅ナビ

見る

花坂九谷原石山

採石場
採石場

住所 石川県小松市正蓮寺町セイ谷10−2
電話 0761-47-3830
FAX番号 0761-47-3850

九谷焼の原点ココにあり!
伝統工芸の奥深さを感じとれる場所

  2011年で、再興九谷「若杉窯」が開かれてから200年となる伝統工芸・九谷焼。その原石採石場として、花坂は知る人ぞ知る九谷焼の原点の地であり、日本有数の陶石山なのだ。
  一般的には南加賀でつくられる色絵磁器を「九谷焼」と呼んでいるが、専門家の中には「花坂の原石を使わないと九谷焼ではない。真の九谷焼とは、ここの陶石を使って、九谷の絵の具や方法で絵付けをし、九谷の窯で焼いたものなのだ」という意見もある。

  地元の年配の方々の話によると、この地では採石という九谷焼を陰で支える産業が生活の基盤となっており、屋外にいると採掘のための発破の音が聞こえてくるのが日常茶飯事だったという。
 そのようにして山から採られた岩を砕き、粘土質を混ぜて杯土をつくり、成形、本焼き、絵付けへと進められて九谷焼が出来上がるのだ。

 実際に採石場に行くと、そこにあるのは茶色の石ばかり。そのままだと絵付けの際に邪魔にならないかと危惧するところだが、ここからが先人の知恵。茶色はチタンや鉄分が含まれている証なので、そこに松の薪を焚いて還元焼成しながら登り窯で焼き上げると、白っぽく焼きあがり、絵付けの工程へと進めるのだそう。そういった手間がかかっていると考えると、さらに伝統工芸の奥深さを感じられる。

 採石場の見学の際は、ふもとにある「九谷窯元会館」に一声かけてから。
 そして、会館の中もぜひ合わせて立ち寄ってほしい。この花坂の土を使って作られた「純粋な九谷焼」の数々の作品が展示・販売されている。

※見学希望の方は、九谷窯元会館(47-3830)か登窯展示館(47-2898)まで連絡を。

採石場
採石場

茶色の石がゴロゴロ
茶色の石がゴロゴロ

これぞ九谷焼の原点
これぞ九谷焼の原点

純粋な九谷焼を見ることができる
純粋な九谷焼を見ることができる

▲ページTOPへ

アクセスマップ


▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

石の文化ガイドアプリ「こまつストーンナビ」

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博