まるごと・こまつ・旅ナビ

食べる

銀なべ食堂

外観
外観

住所 石川県小松市粟津町イ46
電話 0761-65-1432
営業時間
11時00分~22時30分
L.O.22:15
休日

先代からの味を今に受け継ぎ、
地元の人から愛される『町の食堂』

 粟津温泉の幹線道路沿いにあるこの店。その雰囲気をひと言で表すなら、『昔ながらの町の食堂』だ。
 店の創業は大正時代。以来、先代の味を受け継いで、地元の人々に愛され続けて来た。今も昼頃になると、『銀なべ食堂』と書かれた岡持ちを乗せたカブが、温泉街を走り回る。店名の『銀なべ』の由来は、今となってははっきり分からないそう。しかし、「銀の上には金がある。常に上を目指す志を持ち、皆さんに喜んで頂けるものを提供したいという思いが、先代にはあったようです」と、今の店主は言う。

 この店の名物『弁慶そば』は、そんな先代の思いを受け継いだ代表的メニューのひとつ。昔ながらのあっさりとしただし汁に生そば、そして別皿に7種の具が盛られている。そばと具材が別かれているのは、食べる人の好みでトッピングできるようにという、先代の心遣いだ。この7種の具材、実は『選ばれし7種類』なのだ。どんな具を入れたらそばをおいしく食べられるか、お客様に喜んでもらえるかを、さまざまな試行錯誤の末に先代が選んだものなのだそう。そんな先代の気持ちに想いを馳せると、大根おろし、錦糸卵、ほうれん草…、素朴な具材もちょっとだけ輝いて見えてくる。そして実際、だし汁とそば、7種の具材はそれぞれのおいしさを生かし合い、見事にひとつにまとまっている。多くの旅行情報誌などでも取り上げられているので、県外からのお客様も多いのだとか。ふらっと訪れる町の食堂のちょっとした一品にも、こんな奥深いエピソードがあるのだ。

 この他、自家製カレーを使ったカレーうどんや、地域ブランドとして地元イチ押しの小松うどんもオススメ。麺類だけでも、バラエティーに富んでいる。

落ち着いた雰囲気のテーブル席
落ち着いた雰囲気のテーブル席

『名物 弁慶そば』
『名物 弁慶そば』

『弁慶そば』は文字通り看板メニュー!
『弁慶そば』は文字通り看板メニュー!

▲ページTOPへ

アクセスマップ

駐車場
6台
席数
カウンター:7席
テーブル席数:22席
座敷席:あり
備考
※座敷約20席あり

▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博