まるごと・こまつ・旅ナビ

買う title=

とら屋陶器店

2010年12月リニューアル
2010年12月リニューアル

住所 石川県小松市東町12
電話 0761-22-0423
FAX番号 0761-22-0692
メール
アドレス
toraya@wine.ocn.ne.jp
営業時間
10時00分~18時00分
休日
第2・4日曜日
URL https://www.facebook.com/ToraWuTaoQiDianKotoraya/timeline?ref=page_internal

店主は作家。九谷焼を中心に和小物が充実。
「こまつ町屋」の姿も見学できる。

 とら歳生まれの初代が九谷焼の卸しを開業したのが昭和7年(1932年)。次の2代目が小売業を始め、そして3代目は作家となった。そう、現当主の打田幸生さんは、とら屋陶器店の店主であり、九谷焼の日展作家でもあるのだ。
 「こまつ町屋」に認定されている店舗の1階には、その打田さんの作品をはじめ、器や小物など普段使いの九谷焼がセンスよく並んでいる。
 昨年(2010年)12月には店をリニューアルし、和小物を取り扱う「ことらや」が店舗内にオープンした。こちらを切り盛りするのは、打田さんの姪の喜多貴和さん。「昔から日本人が暮らしの中で慣れ親しんできたものですから、使うと良さが分かります」と、和小物への愛を語る。日本てぬぐいや扇子、風呂敷などの選び方から、一工夫ありの使い方までアドバイスしてくれるので安心。
 また、アロマコーディネーターの資格も持っており、アロマオイルも販売している。それから「紅茶教室に通ってみたら、美味しい紅茶がいろいろあったので」と紅茶も多彩に取りそろえた。で、せっかく美味しい紅茶を飲むなら器にもこだわって、ということで、素敵なティーカップも並んでいる。「自分の目で見て納得したものだけを置くようにしている」とのことで、喜多さんのセンスと小物への思いにあふれた店作りとなっていて、温かな雰囲気だ。

 時間が許せばぜひ、2階も見せてもらおう。昭和7年(1932年)の小松大火の後に建てられた町屋の姿を見ることができる。加賀独特の朱色の壁の座敷や、昭和モダンな感じの洋室、当時の九谷焼作家たちの書を貼った屏風、大火を免れた富士山のふすま等々……。1階の器や和小物と合わせて、貴重なお土産話を持ち帰ることができるだろう。
 毎年5月中旬に開催される「お旅まつり」期間中には2階の大広間においてお茶会を行っている。また、予約をすれば絵付け体験もできる。

絵付け体験

※要予約
【対応人数】1回につき6名まで
【所要時間】30~60分
【内容】小皿・カップ他
【料金】3000円(送料込)

和の雰囲気が心地よい店内
和の雰囲気が心地よい店内

喜多さんと看板娘
喜多さんと看板娘

普段使いの九谷焼が
普段使いの九谷焼が

アロマオイルと日本てぬぐい
アロマオイルと日本てぬぐい

愛らしい和小物たち
愛らしい和小物たち

打田さんの作品
打田さんの作品

加賀地方独特、朱壁の座敷
加賀地方独特、朱壁の座敷

昭和モダンを感じる洋室
昭和モダンを感じる洋室

小松大火を免れたふすま
小松大火を免れたふすま

▲ページTOPへ

アクセスマップ


▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

カブッキープロフィール

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博