まるごと・こまつ・旅ナビ

買う title=

たにむら平安堂

安宅の地に静かに佇む
安宅の地に静かに佇む

住所 石川県小松市安宅町へ231-1
電話 0761-22-8014
FAX番号 0761-20-2360
営業時間
08時00分~19時00分
休日 ※年中無休
元日休み、都合により臨時休業有

安宅に来たら「よもぎ饅頭」はいかが?

 歌舞伎「勧進帳」で有名な安宅の関、難関突破の守護神安宅住吉神社から近く、梯川を渡って散策すると、ひっそりと佇む菓子店がある。
 創業30年。和菓子店で修行を積んだご主人が、奥さんと安宅で店を開業した。奥さんいわく、昔は夫婦二人で早朝から夜中まで働き、立ちながら眠ってしまうほど忙しかったとか。しかし、今は息子さん夫婦と二世代でお店を切り盛りしており、お店は落ち着いたそう。
 
 一番人気は「よもぎ饅頭」。よもぎ入りのモチモチした皮に北海道大納言使用の粒餡が包まれており、包みを開けると、ふと香るよもぎの風味がなつかしい。既製の餡を使う菓子店も多い中、ここは長年手作りの餡というこだわりよう。よもぎ饅頭が6個入った包装紙には、勧進帳の物語の中で、関守・富樫の部下に義経一行ではないかと疑われた弁慶が、主君の義経を打ち付けている場面が堂々と描かれている。

 また、第22回全国菓子大博覧会(金沢菓子博’94)で金賞を受賞した「弁慶杖」は、「勧進帳」で弁慶が義経に打ち付けた金剛棒をイメージして作られた栗羊羹だ。これはご主人が作ったもので、その隣りには息子さん考案の「弁慶太鼓」が並ぶ。こちらは外側に蒸した羊羹、中には粒餡が詰まっており、甘党におすすめだ。他には、安宅まつりでの曳船を形どった栗入り最中「曳伝馬」等がある。
 
 全商品店頭のみの販売で、遠くからもお客さんが「よもぎ饅頭」を求めて訪れるそうだ。お店は元日以外は営業しているので、安宅を訪れた際はぜひ寄ってみて。

種類が豊富
種類が豊富

渋いパッケージ「よもぎ饅頭」
渋いパッケージ「よもぎ饅頭」

親子二代作「弁慶杖」と「弁慶太鼓」
親子二代作「弁慶杖」と「弁慶太鼓」

曳船型の最中「曳伝馬」
曳船型の最中「曳伝馬」

「史跡安宅」
「史跡安宅」

▲ページTOPへ

アクセスマップ

駐車場
3台

▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

石の文化ガイドアプリ「こまつストーンナビ」

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博