まるごと・こまつ・旅ナビ

買う title=

黄木かまぼこ

アビオシティ店
アビオシティ店

住所 石川県小松市南浅井町イ88-10
電話 0761-22-0264
FAX番号 0761-23-2881
営業時間
06時00分~15時00分
休日
祝日
他不定休あり(公設市場に連動)

北陸ならではの“ねりもの製造所”
某ラーメンチェーンのかまぼこも作っている!!

 南加賀公設卸売市場近くに工場を構える黄木かまぼこは、小松市内で唯一のねりもの製造所だ。工場に店舗は併設されていないが、在庫があれば工場で商品を買うこともできるし、近くの道の駅 こまつ木場潟には常時ここのかまぼこがずらりと並んでおり、不定期だが店頭販売も行っている。また、JR加賀温泉駅前のアビオシティ内には直営店もあり、観光客が北陸みやげに買い求める姿が見られる。
 観光客に人気の商品は、カニ身と上質のすり身をカニの甲羅に詰め込んだ、カニ王国北陸ならではの『甲羅しんじょう』、昔ながらの手作り製法で、つなぎを一切使用せず魚のすり身だけで仕上げられたプリップリな食感の『姫小松』、1本ずつ竹に手巻きして生の状態から直火で焼き上げた『氷室ちくわ』の3商品。どれも海の幸が豊富な北陸ならではの商品で、ルックスのインパクトもなかなかのもの。もちろん味は折り紙付きだ。
 観光客だけでなく地元ファンも多いのが『ちぎり揚げ』。海の幸や野菜などが入ったねり天で、ごはんのおかずや酒の肴にもってこい! 道の駅の店頭販売でも大人気の商品だ。

 実はこの会社のかまぼこ、石川県民なら誰もが1度は口にしたことがあると言っても過言ではない。と言うのも、石川県民のソウルフードとも言える某ラーメンチェーンの“あのかまぼこ”はここで作られているから。
 某ラーメンチェーンとは先代同士の付き合いからというから、もう40年以上。作り始めた当初は1店しかなかった店舗も、今では東は関東地方から西は中国地方まで、そして海外にまで進出。こちらで製造されているのは国内消費分だけなのだそうだが、それでも膨大な量のかまぼこを生産しているのだそうだ。
 「まさか“あのかまぼこ”をこんなに作ることになるとは…。何でやろ?やねぇ(笑)」
 現在は、ご当地グルメに添えるかわいいかまぼこも開発中。おいしいのはもちろん、見た目が楽しかったり、驚いたりするねりものだったら、ちょっとした手みやげとして誰かにプレゼントしたくなってしまう。包みを開けた時の相手の嬉しそうな表情や、びっくりする姿を想像しながら、ねりものを選んでみるのも楽しいものだ。

品揃え豊富なアビオシティ店
品揃え豊富なアビオシティ店

本物の蟹?と見間違いそうな甲羅しんじょう
本物の蟹?と見間違いそうな甲羅しんじょう

姫小松は薄いかまぼこ板に盛られている
姫小松は薄いかまぼこ板に盛られている

氷室ちくわは竹がついたまま真空パック
氷室ちくわは竹がついたまま真空パック

肉厚な氷室ちくわ(右)と しんじょうてんこ盛りの甲羅しんじょう(中央)
肉厚な氷室ちくわ(右)と しんじょうてんこ盛りの甲羅しんじょう(中央)

▲ページTOPへ

アクセスマップ

駐車場
5台

▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

石の文化ガイドアプリ「こまつストーンナビ」

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博