まるごと・こまつ・旅ナビ

食べる

天海屋源七本舗(てんがいやげんしちほんぽ)

小松駅前れんが通りに
小松駅前れんが通りに

住所 石川県小松市土居原町186
電話 0761-22-4672
メール
アドレス
gosikisen1kou@yahoo.co.jp
営業時間
10時00分~20時30分
休日 不定休

うどんと饅頭とお茶と、店主のうんちく話。
ふか〜い小松が味わえる店。

 「天海屋源七」というのは、小松に江戸時代から続く商家の名前だそう。さかのぼれば戦国時代に小松城主であった丹羽氏の家臣として仕えたところから始まるとのことで、現在のご主人・後藤朗さんは十数代目。
 この後藤さん、歴史の話になるとすこぶる饒舌。独自の文献調査と現地調査、そして真摯な読解力と発想力で、これまでに様々な郷土の歴史を読み解いてきた。
 店内には「奥の細道」や「勧進帳」など、小松の歴史に関する史料が並び、ちょっと質問しようものなら怒涛のごとく後藤節が炸裂。歴史好きにはたまらなく面白い話がいろいろ聞ける。

 店の雰囲気は、いたって庶民的。小松うどんをツルツルッとすすり、まんじゅうとお茶で一服。で、主人と四方山話に花を咲かせる、という一服茶屋スタイルが心地いい。
 うどんは、かけうどん「雨の萩」をはじめ、ざるうどん「きりぎりす」、風流月見うどん「雪月花」、冷やしうどん「有明〈萩と月〉」など、芭蕉の俳句や白楽天の漢詩にちなんだネーミング。そして箸袋にも俳句や漢詩が書かれているというこだわりよう。
 うどんの器は九谷焼。姫九谷・小野窯に依頼したオリジナル品で「梅梢文シリーズ」として販売もしている。
 「梅梢(ばいしょう)」というのは、後藤さん考案の梅大福の名前でもある。加賀地方のお正月のお菓子である「福梅」と「辻占」を兼ねたおめでたいお菓子で、蜜漬けの梅を白餡と羽二重餅でくるんだ餅菓子に、幸福のメッセージが付いているというもの。この「幸福のメッセージ」は、幸福という語を含むフレーズを後藤さんが15年以上かけて収集したもので、その数は500を有に越える。つまり「梅梢」を500個以上食べないと、同じメッセージには当たらないというわけだ。
 「文蔵(ぶんぞう)まんじゅう」も後藤さんこだわりの品。加賀藩士によって書かれた旅行記の、小松を紹介するくだりに「名物まんちうあり 文蔵と云」と記されているのを見つけて復元。上品な味わいの餡が、ふっくらとした皮に包まれた薯蕷(じょうよ)饅頭で、お酒の香りもほんのりとする。老若男女に愛される美味しさだ。
 そしてお菓子のお供には加州小松茶「爽源」を。小松は、加賀3代藩主・前田利常が奨励して以来のお茶どころ。中でも「加賀の棒茶」として知られるお茶を、独自の材料配合と焙煎で爽やかに仕上げた。ホットでもアイスでもいける味。
 店内で味わうも良し、お土産にするも良し。一風変わった深い小松の味と話が楽しめるお店である。

風流月見うどん「雪月花」
風流月見うどん「雪月花」

箸袋には芭蕉や白楽天が
箸袋には芭蕉や白楽天が

幻の小松名物!?文蔵まんじゅう
幻の小松名物!?文蔵まんじゅう

幸福の梅大福・梅梢
幸福の梅大福・梅梢

全部異なる幸福のメッセージ
全部異なる幸福のメッセージ

加州小松茶の普及にも尽力
加州小松茶の普及にも尽力

歴史話になると饒舌な後藤さん
歴史話になると饒舌な後藤さん

▲ページTOPへ

アクセスマップ

駐車場
2台

▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

石の文化ガイドアプリ「こまつストーンナビ」

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博