まるごと・こまつ・旅ナビ

見る

猫の御坊通り商店会

福石猫
福石猫

住所 石川県小松市大文字町・龍助町・本鍛冶町(3つの町の一部から成る)
電話 0761-21-8210
URL https://www.facebook.com/nekonogobou

石の猫ちゃんを見つけて、幸せになろう!

 小松駅近くに、ちまたで話題になっている場所がある。
 2008年に猫の置物『福石猫(ふくいしねこ)』が来て以来、その愛らしい表情と、なでると幸せになれるというウワサで人気の隠れスポットだ。

 街灯に『猫の御坊通り』と書いてある界隈に、正雲寺というお寺があり、その横にある庵(いおり)の中に2匹なかよく納まっている。
 やさしくなでると幸福になれる、子宝に恵まれる、家庭円満になるといわれ、通学途中の子供たちがワイワイとなでていったり、試験に合格しますようにとお願いにきたり、明日も皆幸せでありますようにと近所の人がそっとなでたり。近隣の人たちにとって、なでる事が日常生活の一部となっている様子。
 観光バスで大勢の観光客が来たこともあり、何事かと思った事もあったのだとか。とにかく、じわじわと話題を呼び、福石猫は皆から可愛がられている。

 よく見るとわかるのだが、この猫たちは石に描かれていて、すべて手描き。広島県尾道市の招福絵師・園山春二氏の作品で、2008年に商店会の名前が『東映通り商店会』から『猫の御坊通り商店会』に変わったのを機に「皆で親睦を深めて楽しめるように」ということで、縁あって小松に2匹一緒にやってきた。大きい方が雄猫で、小さい方が雌猫。雄は尾道の、雌は加賀の石に描かれている。
 最近、2匹の間に子供が20匹も生まれて、商店会のお店や街のあちこちに隠れているそうだ。子供たちが探して歩いたり、あ、こんなところにもいた!と大人もつい夢中になって探してしまう。

 そんな『猫の御坊通り商店会』は大文字町・龍助町・本鍛冶町の3町内からなっている。登録軒数は29軒。29という数字は29(ふく=福)にかけてあり、シャレを効かせて軒数をキープしている。
 ユニークな名前の由来はというと『猫の御坊様』からきている。「猫の御坊様と言えば正雲寺」というほど、小松では有名。その昔、住職が猫をとても可愛がっていて、お寺の周りにも猫がたくさんいた事から『猫の御坊様』と親しみを込めて呼ばれるようになったとか。

 「少しでも多くの人に来てもらって、みんなが幸福になれたらいい。そうすれば、商店会の人たちも幸福になります。猫をなでて、みんなの心が和むといいなと思っています」と商店会会長。「たくさんの人にきてもらって『福石猫』を可愛がってもらえれば、これからもっと子供が増えるかも?」と、更なる商店会活性化に向けての意気込みを、嬉しそうに話してくれた。
 ちなみに、2匹の夫婦猫の納まっている庵は商店会有志の手作りで、デザインは会長さんを中心に考えたものだそう。商店会の方々の福石猫への愛情が感じられる。

 2010年初の試みであった「どんどんまつり」での展示即売会でも大反響があり、たくさん売れた。商店会に散らばっている猫たちも並べていたのだが、商店会の人たちは自分のお店に置いている猫に情が移ってしまって「うちの子は、いくら欲しいと言われても売らないで!他の人の所に行くくらいなら、私が買うから」と、何度もお願いされたという裏話もあるほど。

 幸せを招く招き猫として大切にされている『福石猫』。今日もいろんな人からなでられて、彼らも喜んでいるにちがいニャい。

夫婦仲良く庵の中に
夫婦仲良く庵の中に

猫の御坊通り商店会
猫の御坊通り商店会

商店会会長の猫 しょうちゃん
商店会会長の猫 しょうちゃん

こんなところにいた!
こんなところにいた!

醤油やさんでまったり
醤油やさんでまったり

▲ページTOPへ

アクセスマップ


▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

カブッキープロフィール

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博