まるごと・こまつ・旅ナビ

見る

石川県立航空プラザ

外観
外観

住所 石川県小松市安宅新町丙92
電話 0761-23-4811
FAX番号 0761-23-4818
メール
アドレス
plaza@city.komatsu.lg.jp
営業時間
09時00分~17時00分
休日 年末年始(12月29日~1月3日)
URL http://kskkousya.com/?mode=office&office_no=5&sub_mode=plant&func=info&plant_no=20

見て・触れて・体験して
日本海側唯一の航空機博物館

 小松空港の目の前にある、日本海側唯一の航空博物館。平成7年に設立され、現在では年間25万人もの人が訪れる人気スポット。
 1階展示場や屋外には飛行機やへリコプターの実物17機が展示されている。2階展示場では飛行機の歴史や仕組み、飛行原理などを紹介している。入館料無料にも関わらず、展示内容のボリュームに驚く人も少なくないという。

エントランスホール
 入口からエントランスホールに入るとまず目に飛び込んでくるのが、小型アクロバット飛行機の「ピッツスペシャル」。日本人初の民間エアショーパイロット・ロック岩崎氏が操縦していた機体で、航空自衛隊の戦闘機パイロットから一転、自分の夢を叶えるためにエアショーパイロットに転身した彼の生き様とともに紹介されている。

2階展示場
 2階の展示場も趣向を凝らした展示方法で興味深いものが多い。
 あのライト兄弟よりも先に飛行機を考案した「日本航空史の父」と呼ばれる「二宮忠八」の「玉虫型飛行器」。1927年に莫大な懸賞金がかけられたニューヨーク~パリ間の無着陸飛行を単独で成し遂げて一躍世界的なヒーローになった「リンドバーグ」。その3年後にまだ飛行機の安全性が保証されず出入国も大変な時代にたった一人で70日間もかけてサンフランシスコからヨーロッパを経由して日本までの冒険飛行を成し遂げた石川県出身の世界的に有名な「東善作」などを紹介している。
更に、合計300機に及ぶ1/48サイズの模型飛行機や簡単な風洞装置、図解などで航空の歴史、仕組み、原理をやさしく解説している。
 コーナーの一角には約3,000機もの金属ダイキャストモデル(1/400~1/600サイズで全て民間旅客機)が展示されており、模型好きにはたまらない空間ではなかろうか。
 2階の一番奥には、3台の簡易シミュレーターがある。セスナ機、旅客機、F-15戦闘機の3機から選ぶことができ、リアルな映像で5分間のフライト(200円/1回)が楽しめる。本物と同じ感覚の最新型のソフトで作動するのでなかなか難しいが、墜落はしないようになっており初心者でも十分に楽しめる。

1階小展示場
 見学順路を進み1階へ。そこには全日空が実際に使っていたYS-11型旅客機の実物のシミュレーターが設置されていて、本物のコクピットに座っての操縦が体験できる。おびただしい数のスイッチやレバー、計器があり、どれを動作すればよいか分からず混乱するが、ご安心を。操縦桿操作だけであとは自動で動くので大丈夫・・・と思っているとその「操縦」が非常に難しい。ほんの少し操縦桿を操作したつもりでもしっかり画面を見ていないと飛行機の向きや高度がどんどんずれてしまう。このシミュレーターを体験するとパイロットの操縦技術のすごさに改めて気づくことになるだろう。体験してみるべし。難しそうだなと思ってもスタッフがちゃんと補助してくれるので何とか着陸までできる。
 YS-11というのは戦後初めて国産化された双発のターボプロップ旅客機で1964年の東京オリンピックの時に聖火を運んだのもこの飛行機だ。その実物と同じコクピットに座り操縦を体験出来るのはもちろん、当時の操縦席部分もじっくり見ておきたいところ。初めてなのにすぐに慣れて操縦する小学生もいればうまくいかずリベンジするお客様もいるそうだ。果たしてあなたはうまく操縦できるか!
 ここにはそのほか、小松飛行場のジオラマを中心に備えた民間航空を紹介するコーナーもある。小松空港の歩み(歴史)と過去、現在にわたり就航した旅客機が大小の精密模型で展示されていたり、旅客機に関するいろいろな事を写真や図解で分かりやすく解説してある。

1階大展示場&ぶ~んぶんワールド
 1階のメイン展示場に入ると、実物の航空機がずらりと並べられ、その横には国内最大級の室内大型遊具を備えたプレイエリア「ぶ~んぶんワールド」が設置されている。「ぶ~んぶんワールド」には飛行機型大型遊具の「飛ぶぅーん」と幼児向けの雲形クッション遊具「はねるぅ~ん」、その間にはプラズマカーが走り回る滑走路広場が設置されている。遊具は「ユニバーサルデザイン」になっていて、大人や子供そして障害者でも一緒に楽しめるのがうれしい。
 メイン展示場には南極観測隊が使用していたスイス製の多用途機「ピラタスターボポーター」や航空自衛隊の曲技飛行チーム「ブルーインパルス」が使用していた「T-2型ジェット練習機」。戦後1機だけ輸入された珍しいドイツ製多用途機「ドルニエDo28」。それに女性パイロットによる日本記録を持っている人力飛行機「ゼフィルスベータ」など個性的な飛行機を間近に見ることが出来る。一部の飛行機にはスタッフの案内で実際に操縦席に座ることもでき、こどもの日や夏休みにはいろんな飛行機のコクピットを解放するイベントも行われている。
 館内にフードコートは設置されていないが、エントランスを除き館内のベンチやソファで自由にお弁当を広げることができるということで、天気の悪い日や寒い冬、酷暑の夏場には特に来館者に喜ばれている。
小松空港の近くということで、ちょっと足を延ばせば、レストラン街やお土産店などもあり、更に屋上の展望ロビーからは、民間機のみでなく自衛隊機の離発着も見学することができる。

航空教室
 「飛行機はなぜ空を飛べるのか?」
 そんな疑問に実験を交えて分かりやすく解説してくれる「航空プラザ航空実験教室」も開催されている。平日は事前に申し込みが必要だが、週末の開催日には当日申し込みで行われている。また、ゴム動力ヒコーキやグライダーの作成教室も行われている。

入館料

無料

シミュレーター 
・YS-11型フライトシミュレーター:500円/1回
・簡易シミュレーター(3台):200円/1回

各種教室

・航空実験教室:200円/1人
  平日・・・団体のみの受付で事前申し込みが必要
  週末・・・原則として毎土曜日午前1回、午後1回
・模型飛行機教室:700円/1人(材料費込み)
  週末、祭日のみ

※研修室で別のイベントが開催されている場合は実施していません。事前にご確認ください。

ロック岩崎の「ピッツスペシャル」
ロック岩崎の「ピッツスペシャル」

日本人作!人力飛行機「玉虫型飛行器」
日本人作!人力飛行機「玉虫型飛行器」

見て触れて楽しめる航空機実物展示
見て触れて楽しめる航空機実物展示

南極観測用軽飛行機「ピタラスPC-6」
南極観測用軽飛行機「ピタラスPC-6」

「T-2ブルーインパルス」
「T-2ブルーインパルス」

イベントではコックピットの搭乗体験も
イベントではコックピットの搭乗体験も

YS-11型フライトシミュレーター
YS-11型フライトシミュレーター

セスナのフライトシミュレーター
セスナのフライトシミュレーター

エアーショップ「クルーズ」
エアーショップ「クルーズ」

飛行機を見ながらカフェで休憩
飛行機を見ながらカフェで休憩

▲ページTOPへ

アクセスマップ

アクセス
・小松空港前
・JR小松駅から車で約10分
・小松ICから車で約7分
・小松空港から徒歩で約5分
駐車場
100台
大型バス(5台)駐車可
多目的トイレ
あり
バリアフリー
対応
備考
多目的トイレ(障害者用)あり

▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博