まるごと・こまつ・旅ナビ

食べる

餃子菜館 清ちゃん

赤い「清ちゃん」の看板が目印
赤い「清ちゃん」の看板が目印

住所 石川県小松市土居原町243
電話 0761-22-0133
営業時間
11時30分~14時00分
17時00分~21時00分
休日

北陸初の「餃子」&
小松名物「塩焼きそば」発祥の店

 小松で有名な中華料理店。何をかくそう「清ちゃん」は、北陸で最初に餃子を始めたお店なのだ。大ぶりで、外はパリっとこんがり、中はうまみたっぷりの「餃子」は、鉄板の看板メニュー。始めた当時は、地元はもちろん、金沢からも餃子を食べに来くる人がたくさんいたそう。運がよければ、メリケン粉、水、油を練り上げていくパフォーマンスを見ることができるかも。
 もうひとつ有名なのが、小松名物「塩焼きそば」(並)。太麺の塩ラーメンを炒めたような、炒めそばのことだ。マスターの清ちゃんこと高輪清さんは、小松の塩焼きそばの生みの親。その美味しい食べ方は、まずそのまま食べる。次に、清ちゃんオリジナルの酢醤油(餃子のタレ)をかけて食べるとサッパリとした味になり、1品で2度楽しめる、とのこと。塩加減といい、こってり感といい、また食べたくなる味でリピーターも多く、小松のソウルフードとなっている。

 じわじわと人気に火が付き、いつのまにか小松の名物になった「塩焼きそば」は、どのようにして生まれたのだろう。それは、マスターが東京で仕事を探していたときだった。歌舞伎町で行列のできる中華料理店を発見。その店の料理を一口食べて「これだ!」と思い「給料はいらないから使ってくれ!」と頼み込んで、中華料理の修行をすることに。その時の料理というのが「餃子」と「炒麺(ちゃーめん)」だった。「炒麺(ちゃーめん)」とは炒めそばのことで、戦後、満州帰りの料理人がレシピを考案し、名付けたものだそう。それが、現在の清ちゃんの塩焼きそばなのだ。現在この塩焼きそばを作れるのは、修行先の「餃子会館」と「餃子菜館 清ちゃん」の弟子、孫弟子しかいないという。

 小松へ戻ったマスターは、昭和31年、大安の日にギョーザとやきとりの屋台を出した。当時はプロパンガスが使えず、火力命の中華料理はできなかったそう。その3年後、昭和34年に念願の中華料理店「餃子菜館 清ちゃん」を開店。その後、宴会料理を習得すべく、台湾へ短期の修行に2度訪問。その時に惚れ込んで購入した立派な額が、帰国の際、飛行機に乗せることができず船で輸送したという裏話もある。現在も1階と、2階の宴会場に堂々と飾られている。2階では、台湾で修行してきた中華の宴会料理を堪能できる。


大切なのは「塩加減」と「お客さん」

 料理の味を決める上で、塩加減は重要だという。塩は食材のうまみを一番引き出すからだ。しかし、味は天候に左右されやすく、ほんの少しでも湿気を含むと味が濃くなってしまう。特に梅雨時は湿度には十分気をつけて、温めて湿気を飛ばして使っているそう。塩はどこの家庭にもある調味料だが、料理を極めた人ほど、基本にかえり、そこにこだわりがでるのだろう。普通の食材で、どれだけおいしく作るか。それが、小松名物塩やきそばを生み出したマスターのこだわりだ。
 料理に対する情熱はさすがだが、同じくらいお客さんを大切したいという気持ちも強い。「昔はお店で食事をすると自然と会話が始まって、おいしかった、また来るよなんて言っていたが、今はそういったコミュニケーションが少ない。だからこそ、お客さんとのコミュニケーションを大切にしていきたい」と語る。話が好きそうなお客さんなら一緒になっておしゃべりするし、静かに食べたそうなお客さんならそっと見守る。「お客さんに喜んでもらおう」という姿勢は、昔からひとつも変わらない。
 店を訪れた際は、餃子や塩焼きそばを食べながら、マスターに話しかけてみよう。忙しい時以外なら、快く話し相手になってくれるだろう。

北陸餃子第1号!!
北陸餃子第1号!!

小松名物「塩焼きそば」
小松名物「塩焼きそば」

「清ちゃん」の顔!マスターの高輪清さん
「清ちゃん」の顔!マスターの高輪清さん

50年以上中華一筋
50年以上中華一筋

魂を込めてフライパンをふるう
魂を込めてフライパンをふるう

壁には台湾で購入した巨大な額が
壁には台湾で購入した巨大な額が

▲ページTOPへ

アクセスマップ

駐車場
13台
席数
カウンター:12席
テーブル席数:48席
備考
※宴会(2階)要予約。30人まで

▲ページTOPへ

こまつもんネットショップ

Memorial Presents

石の文化ガイドアプリ「こまつストーンナビ」

こまつの観光ボランティア「ようこそ」!

Explore Komatsu

カブッキープロフィール

  • オール加賀
  • 小松基地 JASDF 航空自衛隊
  • チームリアルこまつ 体験ランドこまつ
  • ゆのさと特急
  • バスサポ
  • ナチュラルミネラルウォーター「白山水流」
  • みんたび
  • 石川バリアフリーツアーセンター
  • こまつもんネットショップ
  • こまつファンクラブ
  • 加賀四湯博